有機野菜の美味しさ

有機野菜の美味しさは土の中にいる微生物が決めるとも言われています。
土の中の微生物が有機肥料を使うことで有機物を分解してくれます。
そこからミネラルがたくさん発生するわけです。
そのため有機野菜は美味しいしミネラルたっぷりだと言われるのです。


有機肥料というとカルシウム、マンガン、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅というミネラルが中心になっているので、土が豊かになるのも理解ができます。
これらは本当に体に不可欠であり、なかなか摂取不足になりやすい成分なのです。
このミネラルたっぷりの土壌で育った有機野菜は甘みとうまみ、それにコクといった野菜本来の味が蘇ると言われ、これが有機野菜のおいしさの秘密なのです。


ではどのように野菜の味を楽しむことができるのでしょう? 美味しい有機野菜を食べても、今までの濃い味の調理をしてしまうと、本来の有機野菜の美味しさはわかりません。
やはり有機野菜の味を楽しむには味を極力薄くするようにしましょう。
また生で何も付けずに食べてみるとその野菜の本来の味が分るので、それを消さないような調理をしていくと美味しく食べられます。


有機野菜は美味しく育てることも重要ですが、やはり病気になったときや、虫に対する対処ということも気を配らなければなりません。
病気の薬、虫の殺虫剤なども簡単に強い薬は使いません。
もちろん一般の野菜のように早く成長させるための化学肥料も極力使わないので、手間は相当かかることになってしまいます。


[管理人特選サイト]
青森の豊かな土壌で育てられた有機野菜の通販サイトです・・・有機野菜 通販